監督は世界的大ヒット作『インデペンデンス・デイ』の名匠ローランド・エメリッヒ。20年ものリサーチの結果を、ここに結実させた。デニス・クエイド、ウディ・ハレルソン、豊川悦司、浅野忠信、國村隼と、日米の映画界の重鎮による贅沢な共演が実現した。司令官たちの緊迫した頭脳戦、限界を知らないパイロットたちの壮絶な空中戦、彼らを艦隊から迎え撃つ壮大な海上戦──そのすべてを臨場感あふれる迫真の映像で〈体験〉し、それぞれの国で待つ大切な人たちの命を守るためにその身を捧げた彼らの不屈の精神と勇気、決意と犠牲に心を震わせる、戦争スペクタクルヒューマンドラマ。★ミッドウェイ海戦とは?★1942年6月4日(日本時間:6月5日)ハワイ諸島、ミッドウェイ島付近で起きた日米の海戦。同島攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が迎え撃つ形で発生し、日本海軍機動部隊とアメリカ海軍機動部隊および同島基地航空部隊との航空戦、艦隊戦の結果、日本海軍は投入した空母4隻とその搭載機約290機の全てを喪失。日本は開戦以来初の大敗を喫することとなり、その後の第二次世界大戦の行方を大きく決定づけた。【あらすじ】1941年12月7日の日本軍による真珠湾への奇襲攻撃。戦争の早期終結を狙う山本五十六大将の命により、山口多聞や南雲忠一がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けたのだ。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツを立てた。両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画する。真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍。情報部のレイトン少佐が、次の目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭ける。遂に、アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック率いる爆撃機が出撃。空母、軍艦、潜水艦、戦闘機など、あらゆる近代兵器を駆使した壮絶な激突へのカウントダウンが始まった──。【キャスト】エド・スクライン(加瀬康之)パトリック・ウィルソン(咲野俊介)ルーク・エヴァンス(桐本拓哉)アーロン・エッカート(志村知幸)豊川悦司浅野忠信國村隼マンディ・ムーア(清水はる香)デニス・クエイド(菅生隆之)ウディ・ハレルソン(内田直哉)【スタッフ】監督・製作:ローランド・エメリッヒ脚本:ウェス・トゥーク撮影:ロビー・バウムガルトナー編集:アダム・ウルフ,激安DVD" />

[DVD] ミッドウェイ

598
N40417
0.1kg

新着音楽DVD

  • [DVD] サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ2023
  • [DVD] ディズニー・オン・クラシック ~ジルベスター・コンサート 2017/2018
  • [Blu-ray]  坂本龍一 作品集 名作選
  • [DVD] 坂本龍一 作品集 名作選
  • [DVD] King Gnu Live at TOKYO DOME
  • [DVD] Hikaru Utada Live Sessions from AIR Studios
  • [DVD] LiSA Another Great Day
  • [DVD] LiSA LiVE is Smile Always~Eve&Birth~「the Birth」at NIPPON BUDOKAN
  • [DVD] Fujii Kaze LOVE ALL SERVE ALL STADIUM LIVE
  • [DVD] 第73回NHK紅白歌合戦

カレンダー

2024年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
土・日・祝祭日は、発送業務とお問合せ等ご返答応対をお休みさせて頂いています。
オンラインショップは24時間運営していますので、この間もご注文・お問合せはお受けしておりますが、返信などは翌営業日以降、順次ご連絡となりますので、その旨ご了承下さい。

·ジャケット印刷無し

【製作国】: アメリカ中国

【監督】: ローランド・エメリッヒ

【出演/声の出演】: ルーク・エヴァンス、ウディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、ニック・ジョナス、デニス・クエイド、マンディ・ムーア、アレクサンダー・ルドウィグ、エド・スクライン、ダレン・クリス、アーロン・エッカート

【言語 】: 日本語音声

【字幕 】: 日本語字幕

【ディスク枚数】: 1枚組

日本公開日: 2021/03/12


【内容紹介】

勝者も、敗者も、海に全てを捧げた。


【作品内容】

全米初登場第1位! 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が描く、日米の命運を分けたミッドウェイ海戦の真実。

史実に基づく戦争スペクタクル超大作!


【作品ポイント】

★同じ様に国を愛し、等しく覚悟を持って戦った日米の男たち――何が彼らの勝敗を分けたのか・

歴史の中に世界の未来を決めた戦いは数々あるが、“今の日本"を決定づけたのは、1942年の“ミッドウェイ海戦"、太平洋戦争におけるターニングポイントとなった、日本とアメリカの天下分け目の戦いだ。

始まりは、1941年の日本軍による真珠湾攻撃。山本五十六海軍大将の命により、アメリカ艦隊に奇襲攻撃を仕掛けたのだ。大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな指揮官に百戦錬磨のニミッツ大将を立てた。ニミッツが情報将校レイトンに日本軍の暗号解読を命じ、両者が一歩も引かない攻防が始まる。

そんな中、マーシャル諸島の日本基地の爆撃に成功したアメリカ軍は、日本艦隊の次なる目的地はミッドウェイとの情報をつかみ、遂に総力をあげた激突へのカウントダウンが始まる──。


★全米興行収入初登場No.1! 日米豪華キャスト共演! 『インデペンデンス・デイ』の監督が、20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描く<日本の命運を決した3日間>

監督は世界的大ヒット作『インデペンデンス・デイ』の名匠ローランド・エメリッヒ。20年ものリサーチの結果を、ここに結実させた。デニス・クエイド、ウディ・ハレルソン、豊川悦司、浅野忠信、國村隼と、日米の映画界の重鎮による贅沢な共演が実現した。

司令官たちの緊迫した頭脳戦、限界を知らないパイロットたちの壮絶な空中戦、彼らを艦隊から迎え撃つ壮大な海上戦──そのすべてを臨場感あふれる迫真の映像で〈体験〉し、それぞれの国で待つ大切な人たちの命を守るためにその身を捧げた彼らの不屈の精神と勇気、決意と犠牲に心を震わせる、戦争スペクタクルヒューマンドラマ。


★ミッドウェイ海戦とは・★

1942年6月4日(日本時間:6月5日)ハワイ諸島、ミッドウェイ島付近で起きた日米の海戦。同島攻略をめざす日本海軍をアメリカ海軍が迎え撃つ形で発生し、日本海軍機動部隊とアメリカ海軍機動部隊および同島基地航空部隊との航空戦、艦隊戦の結果、日本海軍は投入した空母4隻とその搭載機約290機の全てを喪失。

日本は開戦以来初の大敗を喫することとなり、その後の第二次世界大戦の行方を大きく決定づけた。



【あらすじ】

1941年12月7日の日本軍による真珠湾への奇襲攻撃。戦争の早期終結を狙う山本五十六大将の命により、山口多聞や南雲忠一がアメリカ艦隊に攻撃を仕掛けたのだ。

大打撃を受けたアメリカ海軍は、新たな太平洋艦隊司令長官に、兵士の士気高揚に長けたチェスター・ニミッツを立てた。両国の一歩も引かない攻防が始まる中、日本本土の爆撃に成功したアメリカ軍の脅威に焦る日本軍は、大戦力を投入した次なる戦いを計画する。

真珠湾の反省から、日本軍の暗号解読など情報戦に注力したアメリカ軍。情報部のレイトン少佐が、次の目的地をミッドウェイと分析、限られた全戦力を集中した逆襲に勝負を賭ける。

遂に、アメリカ軍のカリスマパイロット、ディック率いる爆撃機が出撃。空母、軍艦、潜水艦、戦闘機など、あらゆる近代兵器を駆使した壮絶な激突へのカウントダウンが始まった──。


【キャスト】

エド・スクライン(加瀬康之)

パトリック・ウィルソン(咲野俊介)

ルーク・エヴァンス(桐本拓哉)

アーロン・エッカート(志村知幸)

豊川悦司

浅野忠信

國村隼

マンディ・ムーア(清水はる香)

デニス・クエイド(菅生隆之)

ウディ・ハレルソン(内田直哉)


【スタッフ】

監督・製作:ローランド・エメリッヒ

脚本:ウェス・トゥーク

撮影:ロビー・バウムガルトナー

編集:アダム・ウルフ


欧米映画 音楽DVD格安DVD海外ドラマなどをあわせた激安DVD,格安DVDを販売する DVD販売専門店です。
音楽DVD販売専門店」提供。